« 青い鳥とかぼちゃ | トップページ | 橋桁の革命 »

2006年5月19日 (金)

黄色い鳥のいる風景

Yellowbird 教科書でもおなじみの絵。クレーと言うとこの絵を思い出す人も多いのでは。

 絵画もまた夢とみなされるべきだ、と一時期のクレーは述べている。暗闇に浮かび上がる抽象的な植物と、その割に具象的な鳥たち。鳥と並んでクレーが好んで描いた魚にも似て、画面には重力というものがほとんど感じられない。夜になると、鳥は制約された昼間の仮面を脱いで、このように軽がると浮遊し、雲の間から顔をのぞかせたり、さかさまにぶら下がったりできるのだろうか。暗い背景に巧みに配置された黄色い鳥はネオンサインのように私たちの視覚を幻惑する。驚くべきことに、この絵の所有者はバーゼルに住む個人である。この絵を自宅に飾って毎日見ていたら、この夢幻の世界にひきこまれて帰ってこられなくなりそうだ。

|

« 青い鳥とかぼちゃ | トップページ | 橋桁の革命 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166379/10142626

この記事へのトラックバック一覧です: 黄色い鳥のいる風景:

« 青い鳥とかぼちゃ | トップページ | 橋桁の革命 »