« 黄金の魚 | トップページ | 黄色い鳥のいる風景 »

2006年5月19日 (金)

青い鳥とかぼちゃ

Bluebird  この絵を見たとき、私はすぐイースター島の鳥人の絵を連想した。切り立ったがけっぷちに、そしてその図自体自然物のように転がっている小石の肌に刻まれた鳥人や蛸や亀の絵。それは統一された様式で極限まで単純化された意匠でありながら、記号に堕していない。記号であるならば、時代や空間を超えて無名作家の作品が私たちをひきつけることはないだろう。

 クレーは最晩年、まさにこうした原始的な絵を目指した。この作品以外にも「私が驢馬に乗ったとき」「恐怖の踊り」など名作が多く生み出された。いわゆる「原始人」の絵に近いことを、芸術の退化だと思う人を私は信用しない。そう言う人は試みに「原始人」や「こども」の絵を描いて見られるとよい。

 青い鳥とかぼちゃは画面の中で偶然の会合を喜んでいるようにも、照れているようにも見える。この時期に濃厚な宗教的・呪術的な重さの少ない楽しい作品である。

|

« 黄金の魚 | トップページ | 黄色い鳥のいる風景 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166379/10142611

この記事へのトラックバック一覧です: 青い鳥とかぼちゃ:

« 黄金の魚 | トップページ | 黄色い鳥のいる風景 »