« ティンパニー奏者 | トップページ | まだ手探りしている天使 »

2006年5月19日 (金)

アラブの歌

Leadonarab  最近この絵がとても気になるようになった。
 
クレーが色彩表現に決定的な影響を受けた北アフリカの思い出から描いた作品と言われる。ジュートの粗い生の手触りが、切り詰めた表現に不思議な奥行きをもたらしている。
 女性の視線以外はいろんなイメージが重なり、前景の植物は衣装に描かれた模様のようにも見えるし、全体がブルカで隠された女性の本当の表情の用にも見える。

 そして、これはもちろん私の主観にすぎないのだが、21世紀に侵略されたアフガンやイラクの女性たちが耐えている哀しみの表情をどうしても連想してしまう。

 あなたはどうだろうか。

|

« ティンパニー奏者 | トップページ | まだ手探りしている天使 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166379/10145042

この記事へのトラックバック一覧です: アラブの歌:

« ティンパニー奏者 | トップページ | まだ手探りしている天使 »