2006年6月 2日 (金)

ニーゼン山

 ニーゼンは、標高約2360mでアルプスでは際だって高い山ではないが、近くに高い...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月20日 (土)

この星は謙遜を知っている

 「我アルカディアにもあり」死のみはどんな人間にも平等に訪れる。肉体や物質的な栄...

» 続きを読む

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年5月19日 (金)

まだ手探りしている天使

 クレーは生涯で49点の天使像を描いているが、そのうち実に33点が死の直前に製作...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アラブの歌

 最近この絵がとても気になるようになった。   クレーが色彩表現に決定的な影響を...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ティンパニー奏者

 「ティンパニー奏者」の絵の大きさは、たかだか15インチモニターの大きさに満たな...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エイドラ・クナイェロス,かつてのティンパニー奏者

 クレーは亡くなる半年前、「エイドラ」という標題で、彼が愛して止まぬ故人たちを素...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鷲もいて

オレンジ色を基調とした美しい色彩にまず惹かれる。針葉樹林を思わせる景色の中央に屹...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かつて夜の灰色から現れ出て

 色の着いた部分の欄外に”Bahn(行路)”という題名がついていて、「かつて夜の...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

険しい山道を天使に護られて

  「険しい山道を天使に護られて」は、天使像の中では比較的早い時期の作品だ。  ...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

死の天使

 恐ろしい絵だ。  中央から少し下にそれたところに、闇の世界がぽっかり口を開けて...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

楽しいさえずりの機械

 クレーは生涯線描の表現にこだわりつづけた画家だ。とくに、線とそれをとりまく濃淡...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ルツェルン近郊の公園

 ルツェルンは、標高436m、屋根のかかった木橋、「カペル・ブリッジ」がシンボル...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

インスラ・ドゥルカマラ

 この絵は、ジュートの上に貼り重ねた新聞紙の上に油彩で描かれている。絵の具の塗り...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まだ女性的な天使

 死の直前に描かれた作品群のひとつ。本来天使は男性も女性もない中性的な存在なのに...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

橋桁の革命

 クレーは1933年ヒトラーによって公職を追われ、翌年には彼のデッサンの本がゲシ...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«黄色い鳥のいる風景