« 「チェ・39歳別れの手紙」を観て | トップページ | 「あなたの夢はわたしたちの夢です」  西岸の子ども達から愛をこめて »

2009/02/18

「空を飛ぶ靴」が歌になりました

 以前ご紹介した拙詩「空を飛ぶ靴」に、ヤスミン植月千春さんが、曲をつけてくださいました!ヤスミンさんのサイト

 http://www.yasemin.info/

の「ライブラリ」のページ
 http://www.fiberbit.net/user/yasemin/library.html#225

でオンライン配信されています。

 「空を飛ぶ靴」と言う題名は少しロマンチックすぎるかもしれません。でも、わたしは、この詩に告発ではなく、希望と共感の思いをこめたかったのです。

 ヤスミンさんは、明るく凛とした曲と演奏でこの詩に生命を与えてくださいました。まさか歌になるとは(しかもヤスミンさんの手で!)夢にも思っていなかったので、字数もばらばらでさぞご苦労されたと思いますが、最初に聴いたとき、「この世に正義と言うものがあるなら」のリフレインのところで涙が出てきてしまいました。

 この歌が皆さんにとっても希望の歌となり、イラクやパレスチナや、今「靴」を必要としている世界中の人を思い出す助けになれば幸いです。

 このページには、他にも、「レイチェル」「もう泣かないでいいよ」など、胸を揺さぶる弾き語りがアップされています。レイチェルは、ガザに侵攻してきたイスラエルのブルドーザーを止めようとして、その前に立ちはだかりひき殺されたアメリカ人女性です。

 わたしが、パレスチナ人としてでなく、日本人として生を受けたのは偶然に過ぎません。わたしは、なまぐさとはいえ、仏教徒なので、殺された人々は、前世では兄弟だったかもしれない、とも考えます。そうすれば、どのような国の人に降りかかる悲惨も他人事ではありません。もちろん、日本の中でも同じようなケースはいくらでもあり、わたしが殺されもせず、殺しもしていないのは、わたしの努力やまして人間性のせいではなく、偶然にすぎません。できることはわずかでも、すべての命に対する共感を忘れないようにしたいと願っています。

【お詫び】最初のUPでレイチェル・コリーさんについて、「戦車を止めようとして」と書いてしまいました。これは「ブルドーザーを止めようとして」の誤りです。命をなげうったレイチェルさんにも、ヤスミンさん、石橋行受上人にもたいへん申し訳ないことをしました。お詫びして訂正いたします。

|

« 「チェ・39歳別れの手紙」を観て | トップページ | 「あなたの夢はわたしたちの夢です」  西岸の子ども達から愛をこめて »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166379/44105570

この記事へのトラックバック一覧です: 「空を飛ぶ靴」が歌になりました:

« 「チェ・39歳別れの手紙」を観て | トップページ | 「あなたの夢はわたしたちの夢です」  西岸の子ども達から愛をこめて »