« あなたのブログ、ホームページに GAZA連帯のバナーを! | トップページ | 潘事務総長、国連学校への攻撃を怒りをこめて非難 »

2009/01/06

潘事務総長、イスラエル・ハマス間の停戦実現へアラブの外相と会談

 国連の動きを継続してご紹介します。

 以下は、日本時間6日朝にメールで配信されたニュースです。潘事務総長の呼びかけで、安保理に迅速で断固とした対応をとるよう協力してはたらきかけることで、アラブ諸国が一致しました。

 国連広報センターのWEB上では倍くらいの長さの詳しい記事になっていますが、とり急ぎ、メール・ニュースの短信を仮訳しました。イスラエルの攻撃を(当然ですが)「明らかに行き過ぎた(clearly excessive)」と断言していることに注目。さらにその後も、イスラエルはパレスチナの避難所として使われていた国連学校を攻撃し、42人以上を殺害しました。

 WEBの記事によると、6日潘基文国連事務総長はブッシュ大統領と会談する予定との事。この結果も発表され次第、がんばってご提供したいと思います。

**************************************************
■潘事務総長、イスラエル・ハマス間の停戦実現へアラブの外相と会談
【BAN MEETS WITH ARAB MINISTERS IN BID TO SECURE ISRAEL-HAMAS CEASEFIRE】
(6PM 5/Jan./2009 UN News Center)

 潘基文国連事務総長は今日、ガザの停戦を実現するため精力的に外交交渉を行いました。アラブ諸国の外相に、イスラエルが「明らかに行き過ぎた」軍事攻撃をやめ、ハマスが「逆効果」で「まったく容認できない」ロケット攻撃ををやめるのを確実にするため、協力して欲しいと呼びかけました。

 潘事務総長は、何より尊重されるべき継続的な停戦を直ちに実現するために、「わたし達がもっと働きかけなければならないと信じている指導者として」、アラブ連盟のアムル・ムーサ事務局長、ヨルダン、レバノン、リビア、モロッコ、およびアラブ首長国連邦(UAE)の外務大臣、そして、他のアラブの代表者をニューヨーク国連本部に招いた会合で話しました。

「わたし達の任務は、早期に本当の解決策を見つけることです。安全保障理事会による呼びかけが関係するほかの国や地域から関心を持たれないのは残念です。わたしは、安全保障理事会が国連憲章に基づく責任を果たし、この危機を終わらせ、継続的で恒久的な平和をこの地域にもたらすべきであると信じています」と彼は述べました。

 イスラエルが、先週からの空爆に加え、土曜日にガザ地区に地上侵攻を始めた後、安全保障理事会は非公開会合を開催しましたが、公式な合意を得ることはできませんでした。しかし、今月議長国を努めるフランスのジーン・モーリス・リペール国連大使は、暴力の拡大とガザの人道的状況について深刻な憂慮を表明する点では「強い同意」が得られたと言ってよいだろうと述べました。

「安全保障理事会が迅速かつ断固とした行動を起こすよう、わたし達は、一緒になって今すぐ実践的な努力を払わなければなりません。国連事務総長として、わたしは、この暴力を終わらせるために、すばやく効果的な国際合意を促進する手助けをしたいと思います」と潘国連事務総長は、アラブの指導者に語りました。そして、国連は「ガザの男性、女性、子ども達に食糧を確保し、支援し、この恐ろしく危険な試練の真っ只中の苦しみを和らげるために」できる限りのことをしていると付け加えました。

「このトラウマを終わらせるために、国連事務所の道徳的権限を用いようと懸命に努力しています」彼は「わたし達の前に明らかになる恐ろしい危機」に深い憂慮を表しながら言いました。

「わたし達は、イスラエルに対して、明らかに行き過ぎた軍事攻撃をやめるようあくまで主張しなければなりません。わたし達は、ハマスのロケット弾攻撃も直ちにやめるよう主張しなければなりません。それは、まったく容認できないだけでなく、実に逆効果でもあるのですから。何よりも尊重される継続的停戦を直ちに実現することが必要なのです」

 ガザの民間人は、「彼ら自身に責任のない巨大なトラウマを負わされようとしています。わたしも、紛争がここまで拡大したことが、地域の安定に何をもたらすのか、非常に心配しています」と彼は述べました。

 外務大臣として、ヨルダンのサラーハッディーン・バシール氏、レバノンのファウジ・サッルーフ氏、リビアのアブドルラハマーン・モハメッド・シャルガム氏、モロッコのタイエブ・ファシ・フィフリ氏、アラブ首長国連邦のムハンマド・フサヤン・アール・シャリ氏が出席しました。また、エジプト、カタール、サウジアラビア、およびシリアの国連常任大使とパレスチナ人代表が出席しました。

(仮訳 どすのメッキー 6/Jan./2009)
**************************************************

(以下ニュース原文)

Secretary-General Ban Ki-moon intensified his diplomatic drive to secure a Gaza ceasefire today, <"http://www.un.org/apps/sg/sgstats.asp?nid=3646">calling on Arab foreign ministers to help ensure that Israel end its “clearly excessive” military assault and Hamas stop its “terribly counter-productive” and “completely unacceptable” rocket attacks.

“As leaders I believe we must do more,” he told Arab League Secretary-General Amr Moussa, the foreign ministers of Jordan, Lebanon, Libya, Morocco and the United Arab Emirates (UAE), and other Arab representatives in a meeting at UN Headquarters in New York in which he called for an immediate and durable ceasefire that is fully respected by all.

“Our task is to find fast and real solutions. It is regrettable that the call by the Security Council has not been heeded by the parties concerned. I believe that the Security Council should live up to its responsibilities under the UN charter and bring this crisis to an end and establish a durable, permanent peace in the region,” he said.

After Israel launched a ground offensive into Gaza on Saturday in addition to its then week-old air attacks, the Council held a closed meeting but reached no formal agreement, although Ambassador Jean-Maurice Ripert of France, which holds the Council Presidency this month, said there were “strong convergences” to express concern at the stepped up violence and the humanitarian situation in Gaza.

“We must work together, urgently and practically, so that the Council can act quickly and decisively. As Secretary-General, I want to help facilitate a speedy and effective international consensus to end this violence,” Mr. Ban told the Arab leaders, adding that the UN is doing all it can to “feed and help the men, women and children of Gaza and ease their suffering in the midst of this frightening and dangerous ordeal.

“I am trying hard to use the moral authority of my office to bring an end to this trauma,” he said, voicing deep concern at “the terrible crisis unfolding before us.”

Mr. Ban added, “We must insist that Israel end its military assault, which is clearly excessive. We must insist that Hamas end immediately its rocket attacks, which are so terribly counter-productive, in addition to being completely unacceptable. There must be an immediate ceasefire, durable and fully respected by all.”

Gaza’s civilian population is “being subjected to a massive trauma that is not of their own making… I am also deeply worried about what the further escalation of this conflict could mean for stability in the region,” he said.

The foreign ministers present were Salaheddine al-Bashir of Jordan, Fawzi Salloukh of Lebanon, Abdel-Rahman Shalgam of Libya, Fassi Fihri of Morocco and Mhamad Husayen al-Shali of UAE. The UN permanent representatives of Egypt, Qatar, Saudi Arabia and Syria and the Palestinian representative also participated.

|

« あなたのブログ、ホームページに GAZA連帯のバナーを! | トップページ | 潘事務総長、国連学校への攻撃を怒りをこめて非難 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166379/43661337

この記事へのトラックバック一覧です: 潘事務総長、イスラエル・ハマス間の停戦実現へアラブの外相と会談:

« あなたのブログ、ホームページに GAZA連帯のバナーを! | トップページ | 潘事務総長、国連学校への攻撃を怒りをこめて非難 »