« シンディ・シーハン 「わたし達は皆、ガザとともにある」 | トップページ | ガザ虐殺犠牲者のリアルタイムカウンター »

2009/01/12

ガザの虐殺を止める 葉書アクション

 ガザの虐殺を止めるため、麻生首相、イスラエル駐日大使、イスラエル首相の三人に、一般の人が直接葉書を送るアクションが、日本でも始まりました。

【ガザ攻撃・イスラエルの虐殺に抗議する はがきを送ろう】
 http://peacemedia.jp/topics/gaza-letter.html

 メール、FAXももちろん重要ですが、葉書や手紙の効果はそれを上回ると思います。2種類の図案に加え、宛名まで用意されているので、プリンターで印刷したら後は郵便局に持っていって、エアメール発送するだけです。ここまで準備くださったPeaceMediaの方々に深く感謝したいと思います。

 エアメール葉書の料金は世界一律70円。日本の普通の切手を使います。とは言え、70円切手を持っている人は少ないでしょうから組合せを工夫してください。切手を貼れば、国内の葉書と同じくポスト投函でも大丈夫です。ただし、イスラエルまでですと、通常約6日間かかります。オルメルト首相だけでなく、ベンシトリット駐日大使にも必ず同時に送ってください。

 ちなみに、ガザ攻撃に対するイスラエル政府の公式な見解(日本語、WORDファイル)は、大使館の次のページに公開されています。

【南部住民の生命の安全のため、避けられなかった作戦】
 http://tokyo.mfa.gov.il/mfm/Data/152448.doc

 なお、オルメルト首相事務所のファックス番号とメールアドレスは以下の通りです。

 Fax: 972 2 566 4838 (先頭の"972"はイスラエルの国番号です)
 PMO.HEB@it.pmo.gov.il

|

« シンディ・シーハン 「わたし達は皆、ガザとともにある」 | トップページ | ガザ虐殺犠牲者のリアルタイムカウンター »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166379/43712076

この記事へのトラックバック一覧です: ガザの虐殺を止める 葉書アクション:

« シンディ・シーハン 「わたし達は皆、ガザとともにある」 | トップページ | ガザ虐殺犠牲者のリアルタイムカウンター »