« ガザ:米メディアに公正な報道を求める運動 | トップページ | イスラエルの空爆再開に正当性はあるか »

2009/01/25

米軍パキスタン国境地帯をミサイル攻撃、オバマ大統領はノーコメント

 アメリカ軍は23日、オバマ政権発足後初めて、パキスタン北西部、アフガニスタンとの国境地帯にある民家を、ミサイル攻撃しました。18人、あるいは22人以上が殺されました。

 オバマ大統領は攻撃について、(またも)コメントを避けていますが、パキスタン政府は、昨年来、この地域でアメリカ軍がアフガニスタンからの越境攻撃を続けているとして抗議しています。

 以下、アルジャジーラ速報です。

************************************************************
■パキスタンは、アメリカに攻撃中止を求める
【Pakistan calls on US to end attacks】
http://english.aljazeera.net/news/asia/2009/01/2009124203957198804.html
(24/Jan./2009 Aljazeera)

 パキスタンのアーシフ・アリ・ザルダリ大統領は、アメリカのバラク・オバマ大統領に、アフガニスタンでの戦争とともに南アジア諸国の国境地帯へのアメリカのミサイル攻撃をやめるよう求めました。

 ザルダリ大統領のコメントは、アメリカが、オバマ大統領の就任後初めてパキスタンを攻撃した翌日、土曜日(【訳註】1月24日)にメディアに報道されました。

 タリバンやアル・カイーダの兵士に対するこのような攻撃は何の成果もありません。私設のNNI通信はザルダリ大統領の言葉を伝えました。

 パキスタンの治安担当者によれば、金曜日(【訳註】1月23日)、アル・カイーダと関係がある者を含む8人のいわゆる外国人兵士が、他の14人の人々と一緒に、ワジリスタン地域への2回の攻撃で殺されました。

 外務省によれば、無人攻撃機の襲撃で、人数は特定できないものの民間人も殺されました。

 また、外務省は、これについて、米国職員に「極めて遺憾の意」を伝えたと述べました。

 外務省の声明には、「アメリカが、新しい政権の誕生で方針を見直し、テロリズムと過激主義の問題についてより大きな視点に立った政策を選択するよう、パキスタンは心から願っています」と書かれています。「この攻撃は非生産的であり、中止されるべきです」

■拡大する攻撃

 アメリカのパキスタンへの攻撃は、2008年にはいって増加しています。8月以降
30回以上の攻撃がありました。

 パキスタンは、以前、これらの攻撃における効果と、その結果民間人が犠牲になったことについて批判しました。また、空襲がその地域で反米感情を高めて、敵対勢力の活動を政府が阻止する弊害になっていると述べました。

 パキスタン議会は、米国とNATO軍の攻撃を国家主権の侵害とみなす決議を全会一致で採択しました。

 オバマ大統領は、ミサイル攻撃の方針について言及を避けましたが、アフガニスタンでの戦争と、それに連携したパキスタンの敵対武装組織に対する戦闘は、彼の外交政策の優先事項です。

 リチャード・ホルブルックはオバマ政権のパキスタンとアフガニスタンへの特別大使に任命されました。

 アメリカ政府は、パキスタン政府の治安管理が行き届かない国境地帯へのミサイル攻撃を直接には認めていません。

(仮訳どすのメッキー 25/Jan./2009)
************************************************************

|

« ガザ:米メディアに公正な報道を求める運動 | トップページ | イスラエルの空爆再開に正当性はあるか »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166379/43849907

この記事へのトラックバック一覧です: 米軍パキスタン国境地帯をミサイル攻撃、オバマ大統領はノーコメント:

« ガザ:米メディアに公正な報道を求める運動 | トップページ | イスラエルの空爆再開に正当性はあるか »